センターの概要

グローバル化した現代社会において、産業界が世界的な競争力を勝ち得ていくために、 「独創性」や「高い専門性と異分野融合力」「チャレンジ精神」のみならず、 「産業創出への強い意欲」「課題抽出、解決力」「研究マネージメント能力」 「リーダーシップ」「優れた国際感覚」などの能力を兼ね備えた、イノベーションの創出を可能とする高度研究人材が要望されています。

大阪府立大学では、このような人材の育成システムを構築するため、 平成20年に文部科学省 科学技術振興調整費の支援を得て、現在のセンターの前身となる「産学協同高度人材育成センター」を設立し現在の「高度人材育成センター」に至っています。

高度人材育成センターでは大学だけで育てるという発想を転換し、高度な学術研究能力と高い実業的センスを併せ持つ若手研究者・学位取得研究者を育成するために、 産業界と密接に連携しながら様々な人材育成プログラムを構築しています。

一つ目は「イノベーション創出型研究者養成」カリキュラムを運営し、企業との連携を深める「研究インターンシップ」、「インタラクティブマッチング」や「企業交流会」等のイベントを実施しています。

二つ目はアントレプレナー育成のためのFledgeプログラムの運営で、これは学生、社会人問わずどなたでも参加できます。米国、カンボジア、台湾等海外派遣や、「Thech-thon」、「ビジネスアイデアコンテスト」などのイベントも実施しています。

三つめは文科省リーディングプログラム(システム発想型物質科学リーダー養成学位プログラム)の運営です。これは博士課程前期・後期一貫した学位プログラムで、専門分野の枠を超えたグローバルに活躍するリーダーを育てます。

いずれのプログラムも企業出身の経験豊かなメンターが、きめ細かく指導し、将来を切り拓くための有益な情報を提供します。
カリキュラムやイベント、育成プログラムは本ホームページに掲載しています。